宅建に合格したあとは、都道府県に登録する

難関を突破し、晴れて宅建に合格したあと 「宅地建物取引責任者」として業務を行うためには 試験をうけた場所で都道府県知事の登録を受け、取引主任者証の交付を受ける必要があります。

 

実務経験2年があるかないか?で講習をうけるかどうかが決まる

宅建に合格したときに、実務経験が2年あればそのまま登録を受け付けてもらえますが、実務経験がない場合は 登録実務講習 を受ける必要があります。

登録実務講習実施期間(国土交通省)

都道府県に登録したら登録証を交付してもらう(有効期間は5年)

宅建試験の合格証は一生涯有効のものですが、宅建取引主任者の登録証には5年の有効期間があります。

登録証を更新する際には、都道府県知事指定の法定講習の受講が条件になります。(自動車免許証と似ていますね)

不動産取引を取り巻く環境は年々変化しているので、最新の状況を知っておくための講習になります。

ページのトップへ▲